マンション購入とは:マンションを購入するときに、このマンショ...

マンションを購入するときに、このマンションの構造はしっかりしているかを素人が確認をすることは出来ません。
しかし専門家にお願いをして、構造を確認してもらうことは出来ます。
例えば販売会社に図面を見せてもらえるようにお願いをしてみるのもいいかもしれません。
図面のコピーなどをもらって、それをプロの建築士に見てもらうのです。
プロの眼から見れば、構造の良し悪しはすぐに分かると思います。

中古マンションの老朽化が気になるけど、立地条件や周辺環境などがとても気に入っている場合は、やはり購入したいものです。
でも老朽化による耐震性や、設備の古さなども気になることがあると思います。
そこで登場した言葉が『リノベーション』という言葉です。

マンション購入をする場合、特に新築マンションを購入する場合の最大のネックは実物を見ることができないことです。
通常マンション販売会社は、マンションの建設地の近くに簡易的なモデルルームを作って、そこで部屋の内部を再現して、来場者に営業活動をしていくスタイルとるところが多いです。

リノベーションは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすることをいいます。
例えば和室つきの3LDKの部屋を若い夫婦が住むのにふさわしい感じにリノベーションすると、一切仕切りがないオープンなスペースが特徴の部屋にすることも出来るのです。

マンション購入を考える:マンション購入で中古マンションを選ぶ...

マンション購入で中古マンションを選ぶと、どうしても心配になってくるのが老朽化です。
築10年ぐらいなら、そこまで心配することはないでしょうが、築20年近く経っているマンションなどは、明らかにくたびれている感じがします。
ここまでくると建物そのものの価値はそれほどないので、非常に安く購入できると思います。

マンションの販売会社は、おそらく図面は見せてくれないでしょう。
実は私もあるメーカーに基礎が出来た時点で、外部の検査会社に基礎をチェックしてもらえるか聞いたことがありました。
答えはノーでした。
もちろんそこのメーカーには、それ以来行きませんでした。
信頼できませんから当然です。

リノベーションは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすることをいいます。
例えば和室つきの3LDKの部屋を若い夫婦が住むのにふさわしい感じにリノベーションすると、一切仕切りがないオープンなスペースが特徴の部屋にすることも出来るのです。

マンション購入?:マンション購入するときに思うこと、それは『...

マンション購入するときに思うこと、それは『このマンションは欠陥じゃないよね?』ということだと思います。
記憶にまだ新しい耐震偽装のことが頭によぎると思います。
建築士と販売会社、それから検査会社の3社に対して、不審の目が向けられました。
結局は建築士一人の仕業だったようですが、販売会社と検査会社の対応も物議をかもしました。
いったい誰を信用したらいいのか、分からなくなりました。

マンションを購入するときに、近所づきあいの煩わしさから解放されたいとの思いで購入する人もいるようですが、マンションでもマンション内での協力が大切になるときがあります。
一生住み続ける地域なのですから、きちんとしたマンション内での付き合いはしておいたほうがいいでしょう。

私も最近家を購入したのですが、マンションは買いませんでした。
一戸建てです。
土地から家まで全て自分の目で確認をして購入をしました。
家はきちんとした誰でも知っているメーカーにお願いをしました。
土地もそちらのメーカーにいろいろと調べてもらいました。
やはり購入者にとって信用できるところにお願いするのが一番です。
マンションはどうしても購入する気にはなれませんでした。

マンション購入で中古マンションを選ぶと、どうしても心配になってくるのが老朽化です。
築10年ぐらいなら、そこまで心配することはないでしょうが、築20年近く経っているマンションなどは、明らかにくたびれている感じがします。
ここまでくると建物そのものの価値はそれほどないので、非常に安く購入できると思います。

マンション購入を考える:しかし、質問に対して即答できない営業...

しかし、質問に対して即答できない営業マン、すぐに上司に助言を求める営業マン、適当にごまかそうとする営業マン、このようなマンション販売会社が販売しているマンションは購入しないほうが良いでしょう。

タワーマンションとは、タワーのように高くそびえた超高層マンションのことをいいます。
またタワーマンションの特徴としては、共用設備が素晴らしく充実しているところがあげられます。
スーパー、駐車場はもちろん、飲食店、病院、美容院、リラクゼーション施設などがあるところもあり、タワーマンション内に一つの街があるようです。

あとはやはり身なりや服装、それから言葉遣いなども大切です。
最近はホストクラブに勤めていたのではないかと思われるような外見の営業マンもいるようです。
好き嫌いがあるとは思いますが、一生の買い物を任せる気持ちにはなれません。

タワーマンションの共用施設の充実ぶりから、敷地から一歩も出なくても十分生活できるほどになってしまい、外出をほとんどしなくなったという人まで出てきているそうです。
しかしそれだけ便利なタワーマンションにもデメリットはあります。

マンション購入を中古マンションにするときのメリットはいくつかあります。
まずは新築マンションよりは中古マンションのほうが、同規模の広さで考えて、購入資金が低く抑えられることです。
同じ3LDKでも、中古マンションのほうが新築マンションよりもより安く購入できます。

マンション購入情報:マンションを購入するときに、新築マンショ...

マンションを購入するときに、新築マンションだけでなく、中古マンションをリノベーションすることも考えたほうがよいと申し上げましたが、ではいったい『リノベーション』とおなじみの『リフォーム』の違いは何なのでしょうか?実は『リノベーション』と『リフォーム』は明確な違いはありません。

新築マンションを購入すときに問題なのは、モデルルームはありますが、出来上がったマンションがないことです。
そこが問題となります。
モデルルームを見て、即決するのだけはやめたほうがいいでしょう。

リノベーションでは、リフォームとは違い、建物検査、設計、施工が加わるため、中古マンション購入時に不安要素の一つになる、老朽化に関しては問題にはなりません。
またリノベーションでは、住まいに自分たちを合わせるのではなく、住まいを自分たちの生活スタイルに合わせることになりますので、理想の生活を手に入れることができるようになります。

マンション購入とは:マンション購入をする場合、特に新築マンシ...

マンション購入をする場合、特に新築マンションを購入する場合の最大のネックは実物を見ることができないことです。
通常マンション販売会社は、マンションの建設地の近くに簡易的なモデルルームを作って、そこで部屋の内部を再現して、来場者に営業活動をしていくスタイルとるところが多いです。

マンション購入を考える場合、少し古くても、リノベーションをすることを前提で中古マンションを探してみると、更に探すことが容易になり、しかも穴場の物件がたくさん見つかります。
リノベーションは新築マンションを購入するよりも安くすむことが多いので、一度検討してみるのもいいかもしれません。

実は物体を平面で見たときと、立体で見たときとでは、受ける印象は全然違います。
もっと言わせてもらうと、壁紙を貼る前で感じる部屋の広さと、壁紙を貼った後で感じる部屋の広さは、全くといっていいほど違います。
モデルルームはあくまでモデルルームです。
プロがいかに空間を広く見せるかを考えて作っていますので、購入後の印象と違うのは当然かもしれません。

マンションを購入するときに、新築マンションだけでなく、中古マンションをリノベーションすることも考えたほうがよいと申し上げましたが、ではいったい『リノベーション』とおなじみの『リフォーム』の違いは何なのでしょうか?実は『リノベーション』と『リフォーム』は明確な違いはありません。

マンション購入を考える:マンション購入をする際に、一度は住ん...

マンション購入をする際に、一度は住んでみたいなと思ってしまうものが『デザイナーズマンション』です。
『デザイナーズマンション』と聞いてもつイメージは、かっこいい、おしゃれなマンションといったところでしょうか。
非常に斬新で洗練されたマンションというイメージをもたれると思います。

マンション購入を検討するときに、中古マンションも検討範囲に入れておくと、意外と穴場のマンションを見つけることができるときがあります。
例えば、都心から近いところにありながら、周辺のマンションよりもかなり格安で購入できるマンションが見つかるかもしれません。

『デザイナーズマンション』の定義は、そこまできちんとしたものとしては無いようですが、一般的には有名な建築士が独自のオリジナリティを出して建築したマンションのことを指すようです。
良く見るものとしては、コンクリートの打ちっぱなしだったり、キッチンがリビングの中央にあったりというものでしょうか。

マンション購入で中古マンションを選ぶことで、他にも良い面があります。
それは周辺の住環境がすでに整っているということです。
新築マンションだと、意外に周辺の環境が整ってないこともあります。
例えば、スーパーが遠いとか、小学校が遠い、病院が遠いなどです。
これはしばらくしたら解消できる問題かもしれませんが、新築マンションではこのようなケースもあります。

マンション購入について:リノベーションでは、リフォームとは違...

リノベーションでは、リフォームとは違い、建物検査、設計、施工が加わるため、中古マンション購入時に不安要素の一つになる、老朽化に関しては問題にはなりません。
またリノベーションでは、住まいに自分たちを合わせるのではなく、住まいを自分たちの生活スタイルに合わせることになりますので、理想の生活を手に入れることができるようになります。

マンションを購入する際に、頼りになる営業マンとはどんな人のことをいうのでしょうか?真っ先に思い出されるのが、『質問に的確に答えてくれる営業マン』ではないでしょうか?こちらの質問に対して、すぐに答えてくれる営業マン、資料を提示しながら丁寧に答えてくれる営業マン、このような営業マンがいるマンション販売会社は信用してもいいかもしれません。

マンション購入をする際には、さまざまな情報を集めると思います。
その情報の中に『タワーマンション』と書いてあるチラシやネットの情報が目に入ったことでしょう。
近年この『タワーマンション』が数多く建設されています。
ところでタワーマンションとはどういうマンションのことをいうのでしょうか?

マンション購入とは:デザイナーズマンションは現在、分譲マンシ...

デザイナーズマンションは現在、分譲マンションよりも賃貸マンションで多くを占めているようですが、都心のタワーマンションを建築家にデザインをしてもらって、タワーマンションでありながら、デザイン面にもこだわっているという、そういったマンションが増えてきています。

マンション購入で中古マンションを選ぶと、すでに建築されて年数が経っている場合、また他にも住宅やマンションが立ち並んでいる場合、まず住環境が整備されているのが普通です。
スーパーや病院、小学校や中学校などはもちろん近くにあるでしょう。
また交通も、もし駅から遠い地域だとしても、バスが走るようになって、それほど不便ではなくなっているはずです。

マンション購入するときに思うこと、それは『このマンションは欠陥じゃないよね?』ということだと思います。
記憶にまだ新しい耐震偽装のことが頭によぎると思います。
建築士と販売会社、それから検査会社の3社に対して、不審の目が向けられました。
結局は建築士一人の仕業だったようですが、販売会社と検査会社の対応も物議をかもしました。
いったい誰を信用したらいいのか、分からなくなりました。

マンションを購入するときに、近所づきあいの煩わしさから解放されたいとの思いで購入する人もいるようですが、マンションでもマンション内での協力が大切になるときがあります。
一生住み続ける地域なのですから、きちんとしたマンション内での付き合いはしておいたほうがいいでしょう。

マンション購入について:『リノベーション』と『リフォーム』を...

『リノベーション』と『リフォーム』をあえて区別するとしたら、『リフォーム』は現状回復を主とした、修復といった意味合いが強いかも知れません。
『リノベーション』はリフォームの意味合いも含めつつ、現状回復にプラスアルファの付加価値を追加した、再生という言葉で表現できるかもしれません。

マンション購入する際に、購入者の唯一の相談相手はマンション販売会社の営業マンです。
この営業マンに、マンションを購入するに当たっての疑問点や不満をぶつけることで、最終的には安心してマンションを購入することができるのです。
しかしマンション販売会社の中には、使えない営業マンがいるところも少なからず存在するようです。

マンション購入で、中古マンションのリノベーションを考えている人は、いくつかの問題点を解消する必要があります。
まずは引渡しに時間がかかること、それからある程度の資金がないとローンなどで損をすることがあることです。
リノベーションにする際は、これらのことをきちんと業者に確認をする必要があります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。